日々是好日

栗あんパン
パン 引越騒動で中断していたパン焼きを再開しました〜! とはいえ、捏ねと発酵はホームベーカリーにお任せ。
かなり手抜きです。(^▽^笑)

<材料>
はるゆたか 370g、道産全粒分 60g、抹茶 10g、自然塩 8g、
租製糖 30g、バター 30g、仕込み水 250cc、ホシノ酵母 50g
栗ペースト、甘栗、芥子の実 少々


 12等分し、栗あんを包み、二次発酵へ 


   焼き上がり。焼成はガスグリルにお任せ!


   少々生地が荒いです。
   
| Key | HBでパンを焼く |comments(0) | trackbacks(0) |
かぼすポン酢
今年も大分の大先輩から、特産の『かぼす』をたくさん送って頂きました。そこで、昨年好評だった「かぼすポン酢」に再挑戦!

<材料>
かぼすの絞り汁 500cc、だし 400cc、醤油 400cc、酒 150cc、味醂 100cc

画像のかぼすはグリーンですが、主に黄熟したカボスを使用しました。これは果汁がたっぷりで苦味や渋みがありません。自画自賛ですが、美味しい「かぼすポン酢」になりました。
ただ、だし・酒・味醂が少々多過ぎて、塩分濃度が控えめ過ぎでした。飲めます!(^▽^笑)

| Key | 漬物・保存食 |comments(0) | trackbacks(0) |
かりん酒
ビール 花梨(かりん)をたくさん頂いたので、「カリン酒」を仕込んでみました。

<材料>
かりん 2個、国産レモン 1個、ホワイトリカー(35度)約1リットル、ビートグラニュー糖 100g





| Key | 漬物・保存食 |comments(0) | trackbacks(0) |
ブルーベリー・ソース
パン 昨年、たまたま訪ねた南信州・遠山郷「下栗の里(しもぐり)」でブルーベリーの栽培農家さんを知り、今年はその農家さんの近くに住む知人にお願いして届けてもらった。大粒で味も良く、しかも安価。
そのブルーベリーをジャム(フルーツソース)に加工。パンに良し、ヨーグルトに良しです!

<材料> ブルーベリー 700g
ビートグラニュー糖 200g、国産レモン 1個


 これは生食用。


 こちらは加工用。


 ビートグラニュー糖を振りかけ、しばらく置きます。


 弱火にかけ、水が出てきたら中火にします。


 熱湯消毒したビンに詰め、煮沸消毒し、脱気。
| Key | 漬物・保存食 |comments(0) | trackbacks(0) |
あんずジャム
パン 初めて「杏(あんず)ジャム」を作ってみました。思った以上に色鮮やか。酸味に欠けるので、最後にレモンの絞り汁を加えました。砂糖をもう少し控えても良かったかな〜?!

<材料>
あんず 700g、ビートグラニュー糖 200g、国産レモン 1ヶ



  加工用のあんずです。


8等分にして砂糖を振りかけ、水が出るのを待って、加熱。


 ビンに詰め、煮沸消毒・脱気して出来上がりです!
| Key | 漬物・保存食 |comments(0) | trackbacks(0) |
ラッキョウの季節
ビール 今年もやっと「ラッキョウ」を入手しました。やはり初夏の味、手がかかっても、この季節の楽しみです。


 土付きラッキョウ、2キロです。


 まず、下ごしらえ。すり鉢が大活躍です!


 今年は3種類。
1.醤油漬け 
(ラッキョウ 620g、醤油 250cc、酢 150cc、味醂 50cc、酒 50cc)
2. 塩漬け  
(ラッキョウ 520g、水 400cc、自然塩 40g(塩分濃度10%))
3.紫蘇漬け 
(ラッキョウ 260g、水 250cc、自然塩 20g(塩分濃度8%)梅干の赤紫蘇 少々)


 早いのは1週間余りで食べられます。
| Key | 漬物・保存食 |comments(0) | trackbacks(0) |
勇造LIVE in加子母
拍手 飯田のライブが終わってしまった後の楽しみは、5月1日、岐阜県中津川市加子母(かしも)の「アトリエ佐々木」で行われるライブです。
今年は飯田から3人で参加。主催の佐々木さんを手伝うべく10時前に飯田を出発し、途中「道の駅」で一休みして加子母へ。「かしも産直市」に寄って、加子母の特産品「朴葉寿司」「わらび餅」など等を購入し、いざ佐々木邸へ。
到着後、佐々木さんの提案で近くのそば屋さんへ。豪快な天ぷらに圧倒されたが蕎麦はとても美味しかった。昼食後、おしゃべりしながら、会場や打ち上げの準備です。

勇造さん、到着。
準備の手を休め、みんなでお出迎え。(V^−°)イエイ!
一休みして、リハが始まります。
ゆ〜っくりと日が落ち、いよいよライブのスタートです。


 連れ合いのOAで始まりです!

そして、勇造さんの登場で〜す!!
クリックでカッコイイ勇造さんをお楽しみ下さいませ〜♪♪♪
















なお今回のセットリストです。
-----------------------------
1.はだしの歌うたい
2.三人の旅人
3.陸前高田(新曲)
4.ピンの歌(新曲)
5.住所録
6.酒こわい
7.メコン河の岸辺で(新曲)
8.君死にたもうことなかれ(新曲)
9.なのだソング(新曲)
10.それで十分
(アンコール)
11.大文字
12.道しるべ(新曲)
13.花の都ペシャワール


 主催の佐々木さんで〜す!


 打ち上げ。残念でしたが、途中で失礼しました。
| Key | 豊田勇造&LIVE |comments(0) | trackbacks(0) |
勇造LIVE in飯田
拍手 4月14日(木)、飯田のライブハウス「ふぉの」で勇造さんのライブが行われました〜! 仕事を1時間ほど早めに切り上げ、いざ会場へ。今回のライブに際し、嬉しかったのは東京から友人が駆けつけてくれたことです。

6時少し過ぎ、会場に到着。新年の「拾得」以来の勇造さんに挨拶し、受付の準備を始める。開場が遅れた関係で、リハの最中から人が集まり始める。今年は、予約なしに突然ライブの当日に現れる人が少なく、最終的に思ったほど数が伸びなかったのは残念。

連れ合いのOAでライブの開始。
当日のセットリストです。
1.ハンクウィリアムスを聞きながら
2.3人の旅人
3.アイルランド
4.ゆらぎ(新曲)
5.陸前高田(新曲)
6.メコン河の岸辺で(新曲)
7.君死にたもうことなかれ(新曲)OAの返歌
8.なのだソング(新曲)(井上ひさし、11匹の猫より)
9.道しるべ(新曲)(鶴見俊輔)
10.それで充分
「アンコール」
11.大文字
12.満月
13.花の都ペシャワール





翌日勇造さんは「飯田線」で次のライブ地「甲府」へ向かわれました〜!


 飯田駅の窓口は昔と変わりません!


 飯田駅の改札口で記念撮影。


 私もです!(=^_^=) ヘヘヘ
| Key | 豊田勇造&LIVE |comments(0) | trackbacks(0) |
味噌仕込み
食事 手前味噌を仕込みました。すべて手作業なので、煮た大豆を潰すのに結構手取りました。さて上手く仕込めたでしょうか? 半年後が楽しみで〜す♪

<材料> 塩分濃度:約21%
大豆(長野県産) 約1.6kg、黄麹(地元の麹) 2.2kg
塩(天外天塩) 800g

大豆
  仕込みの前々日、大豆をよく洗い、水に浸ける

塩と麹
  塩と麹をよく混ぜ合わせる(麹の塩切り)

煮た大豆
  前日から大豆を煮始め、指で簡単に潰せるまで煮ます。

潰した大豆
  煮た大豆をすり鉢で潰します。

合わせる
  潰した大豆と塩切りした麹をしっかり揉み合わせます。
  ここからは連れ合いの出番で〜す!!

団子を作る
  空気をぬくために、団子を作ります。

甕に仕込む
 空気を入れないように、甕に叩きつけるように詰めます。
 このまま、冷暗所で寝かせます。
| Key | 漬物・保存食 |comments(0) | trackbacks(0) |
勇造ライブ in 飯田 2016
拍手 今年の飯田での豊田勇造さんのライブの日程が決まりました。4月14日(木)です!

詳細は・・・
『豊田勇造ライブ・イン飯田 in2016』をご覧下さいませ〜♪

| Key | 豊田勇造&LIVE |comments(0) | trackbacks(0) |


我が家のパン焼器はこれよん♪絶対お勧め。

南部鉄器鉄鍋 『 パン焼き器 』 岩鋳 日本製




● 面白くて良質な商品を紹介 ●
● SNS・ブログの設置もやってくれます ●
● 安い・簡単レンタルサーバー ●
200MBから1GB(1024MB)に容量がアップされました。

このページの先頭へ