日々是好日

玄米甘酒
ホットコーヒー 「甘酒」は腸に良いということで、わが家では常備しています。玄米と黒米、そして小豆を少し入れて作ります。

<材料>
 玄米 2合、黒米 1/2合、小豆 50g、水 5合
 米麹 500g 


 玄米と黒米は一晩じっくり吸水させますが、程よい食感を残す
 ために、小豆は火にかける直前に加えます。


 出来上がりです!
| Key | 圧力鍋でクッキング! |comments(2) | trackbacks(0) |
豆おこわ
食事 「農園さくら」さんのグリンピースで「豆おこわ」を炊く。
ひと晩水につけた緑米(古代米の一種)を圧力鍋に入れ、そこに生のグリンピースを乗せ、中圧でほぼ5分。
ほかほかの「豆おこわ」の炊き上がりです!


 「農園さくら」さんのグリンピース

  丸々とした豆。豆だけ取り出します!

 圧力鍋で炊きます!

 ホカホカの「豆おこわ」、出来上がりです!
| Key | 圧力鍋でクッキング! |comments(0) | trackbacks(0) |
舞茸おこわ
3分搗きの緑米と舞茸、人参
 3分搗きの緑米、舞茸、人参
緑米で作った「まいたけのおこわ」
 炊き上がりです!

食事 「緑米」で搗いたお餅は絶品ですが「おこわ」もおいしい。今回は舞茸を使った「舞茸おこわ」。出汁をきちんと取り、動物性の材料は一切使わず炊きました。

<材 料>
  緑米 4合、舞茸、人参、昆布、鰹節、醤油、日本酒、岩塩
| Key | 圧力鍋でクッキング! |comments(2) | trackbacks(0) |
はと麦ご飯
皮つきはと麦と玄米はと麦玄米ご飯
 皮付きのはと麦と玄米 / はと麦が香ばしい

食事 わが家は玄米食です。玄米に黒米を少し入れて炊きますが、今回は「皮つきのはと麦」を入れてみました。玄米と一緒にひと晩水に浸け、圧力鍋で炊きましたが、香ばしくて美味でした〜

ネット検索によれば、「はと麦は良質のたんぱく質を含み、特に血中のコレステロールを低下させるというアミノ酸(グルタミン酸、プロリン、ロイシン)の含有量は穀物の中でもトップクラス」と。

  <原料> 玄米 3合、はと麦 120g
| Key | 圧力鍋でクッキング! |comments(0) | trackbacks(0) |
6分搗きの緑米
6分搗きの「緑米」緑米の「炊きおこわ」
 6分搗きの「緑米」  /  ふっくらと「炊きおこわ」

食事 6〜7分搗きの「緑米(みどりまい)」で、初めて“おこわ”を炊いてみました。かねてより100%精米してしまっては勿体無いと思っていたので、『農園さくら』さんに6分搗きにして頂いた。

胚芽などが部分的とはいえ残っているので、微量栄養素もあり、味も良いのが嬉しい。次回は5分搗きの「緑米」で“おこわ”を炊いてみたい。
| Key | 圧力鍋でクッキング! |comments(0) | trackbacks(0) |
わが家の主食(4)
「そばの実」と「妖精の米(玄米)」「そばの実」入りの玄米ご飯です
 玄米(妖精の米)とそばの実 / 「そばの実」入り玄米ご飯

<材 料>
 玄米(妖精の米)3合、水 600cc+そばの実 100g、水 150cc


食事 玄米ご飯に「そばの実」を入れて炊いてみた。粘りが抜けて少し軽いご飯になり食べ易い。もちろん「そばの実」の風味とプチッという食感も味わえる。
 「蕎麦」は必須アミノ酸をはじめ、ビタミンB1・B2・Eなどの各種ミネラルを含み、食物繊維も豊富。しかも毛細血管を強化し血圧を降下させる働きがあるという「ルチン」も豊富だという。
| Key | 圧力鍋でクッキング! |comments(0) | trackbacks(0) |
わが家の主食(2・3)
「玄米」と「緑米」大豆入りの玄米ご飯
 色鮮やかな緑米と玄米 / 大豆入り玄米ご飯

食事 わが家の主食“第2弾”は「緑米(古代米)」と「大豆入りの玄米ご飯」です。「緑米」は「黒米」と同様に少し加るだけで、もっちりと炊き上がり風味も増します。
 また「大豆」は、普段なかなか食べられない豆類を一緒に炊き込むことで、主食の栄養価が高まり、しかも豆の旨みが加わるので“一石三鳥”です。

<材 料>
 玄米(妖精の米)4合、水 約800cc、緑米 50g、水 100cc
 玄米(妖精の米)4合、水 約800cc、大豆 100g、水 200cc
| Key | 圧力鍋でクッキング! |comments(0) | trackbacks(0) |
わが家の主食(1)
黒米と“妖精の米”黒米入りの玄米ご飯の炊き上がり
 玄米(コシヒカリ)と黒米 / もっちりと炊き上がる

食事 わが家の主食、当初は6分搗きだったが、いつの間にか「玄米100%」になった。お米は『農園さくら』 さんが自家採種で作り続けてこられたコシヒカリ「妖精の米(ようせいのまい)」。それに古代米の黒米を少し加えて炊く。風味豊かでもっちりとしたご飯に炊き上がる。
 ご飯がおいしいとつい食べ過ぎるのが難点。(=^_^=)ヘヘヘ

 <材 料>
  玄米(妖精の米)4合、水 約800cc
  黒米 50g、水 100cc
| Key | 圧力鍋でクッキング! |comments(2) | trackbacks(0) |
牛スジと大根の煮物
これが「牛スジ」です色良く、煮上がりました〜♪
  これが「牛スジ」 /   飴色に煮上がりました!

食事 蕩けるほど柔らかく煮込んだ牛スジは実においしい。いつか自分で作ってみようと思っていたら、お肉屋さんの壁に「牛スジあります!」の張り紙を発見。牛スジ料理、初挑戦です!
水から煮る、アクを丁寧に取り除く、・・・など、お肉屋さんから、料理のコツを伺ってきたので、失敗することなく煮上がりました。(´▽`) ホッ!
  
<材 料>
 牛スジ 500g、大根 小1本、醤油・塩・本味醂
 (A)赤唐辛子・ネギ・生姜 適宜

<作り方>
 1.鍋に牛スジと(A)、たっぷりの水を入れ、火にかける
 2.沸騰してきたら弱火にし、丁寧にアクと脂を取り除く
 3.アクが出なくなったら、20分程(中圧)加圧する
 4.大きめに切った大根を加え、さらに5分加圧(低圧)
 5.塩、本味醂、醤油を加え、ひと煮立ち
 6.そのまま一晩寝かせて、味をなじませる
 7.食す前にもう一度加熱し、味を調える
| Key | 圧力鍋でクッキング! |comments(2) | trackbacks(0) |
「栗おこわ」 炊く
秋の味覚といえば・・・ 「栗(くり)」もち米は一晩水に浸ける
 秋の味覚といえば・・・「栗」 / 「昆布だし」に、ひと晩浸ける
圧力鍋にもち米、栗、調味料を入れて、加圧する「栗おこわ」の炊き上がり
 「栗」をた〜っぷり入れました / 「栗おこわ」の炊き上がり

食事 まだまだ暑い日が続くが、食卓にはもう秋の味覚=「栗(くり)」が登場。採り立ての新鮮な「栗」なので、「栗おこわ」にしました。

<材 料>
 緑米(もち米) 3合、昆布 1枚、水 600cc、栗(皮付き) 350g
 A:米の浸け汁 350cc、本味醂 大さじ1、岩塩 小さじ1

<下準備>
 もち米を洗って、昆布を入れた水(600cc)に、ひと晩浸ける

<作り方>
 1.翌日、まずもち米をザルに上げて、水を切る
 2.沸騰した湯に栗を入れ、2〜3分煮て、ザルで湯切り
 3.少し冷まして、包丁で鬼皮と渋皮をむく
 4.圧力鍋にもち米と栗、(A)を入れ、低圧で5分間加圧
 5.加圧が終了したら、そのまま10分程度蒸らす
 6.圧が下がったら蓋を取り、さっくりと混ぜる
| Key | 圧力鍋でクッキング! |comments(0) | trackbacks(0) |


我が家のパン焼器はこれよん♪絶対お勧め。

南部鉄器鉄鍋 『 パン焼き器 』 岩鋳 日本製




● 面白くて良質な商品を紹介 ●
● SNS・ブログの設置もやってくれます ●
● 安い・簡単レンタルサーバー ●
200MBから1GB(1024MB)に容量がアップされました。

このページの先頭へ