日々是好日

「栗きんとん」
ホットコーヒー 遅ればせながら、秋の味覚です。今年はチョッと拘って、ビートグラニュー糖を使ったので、色白の仕上がりです!

<材 料>
 栗 約250g(皮を除いた正味量)、ビートグラニュー糖 70g
 自然塩 少々

栗
 圧力鍋を使って、蒸します

果肉を取り出す
 果肉だけを取り出します

裏漉し
 4分の1ほどは除き、残りは裏漉しします

砂糖とあわせる
 弱火にかけながら、栗と砂糖、塩をよく混ぜます

栗きんとん
 ラップをつかって、茶巾絞り。完成です!

栗きんとん
 箱に詰めて、プレゼント〜♪
| Key | 「季節」を味わう |comments(0) | trackbacks(0) |
栗ごはん
食事 秋ももう終盤ですが、秋といえば、やはり「栗ごはん」。一度は味わいたい秋の味覚です!

<材料> 白米、栗、日本酒、昆布、自然塩


 大きくてふっくらとした栗です!


  白米を洗い、栗と自然塩、昆布を加え、ひと晩浸す。

栗ごはん
  「栗ごはん」の炊き上がりです!
| Key | 「季節」を味わう |comments(0) | trackbacks(0) |
栗きんとん
ホットコーヒー 「栗きんとん」を作りました〜♪
少々甘めでした。てんさい糖が少し多かったようです。多分70〜80gが適量ではないかと思います。

<材 料 −8個分−>
 栗 400g(外皮付)→正味量 約250g、てんさい糖 100g

栗
 ツヤツヤとした美味しそうな栗です

圧力鍋で蒸かす
 圧力鍋で蒸かします。低圧、約8分

果肉を取り出す
 半分に切り、果肉を取り出します

裏ごしする
 半分は裏ごしします

裏ごし
 裏ごしした栗の果肉です

残りは粗みじん程度。
栗の果肉とてんさい糖を鍋に入れ、弱火にかけながら、よく混ぜ合わせます。
粗熱が取れたら、8等分。

ラップで茶巾絞り
 ラップで茶巾絞りにします


 「栗きんとん」 完成です!
| Key | 「季節」を味わう |comments(0) | trackbacks(0) |
ずんだ
食事 緑大豆の枝豆がたくさ〜ん収穫できたので、「ずんだ」に初挑戦してみました。
茹でた枝豆から豆を取り出し、さらに薄皮をむく。そして滑らかになるまで、すり鉢で擂る。この工程がたいへんでした〜♪

<材料>
 枝豆(緑大豆)、てんさい糖 100g、岩塩 少々
 ※てんさい糖 = 薄皮をむいた後の枝豆 300gの約3分の1


枝豆をたくさ〜ん収穫しました〜♪

 まず、少し柔らかめに茹でます

 豆を取り出し、薄皮もむきます

 すり鉢でよく擂り、砂糖を加えます

 「ずんだ」のできあがりです!


★「ずんだ」でおはぎを作ってみました!
| Key | 「季節」を味わう |comments(0) | trackbacks(0) |
夏野菜のタイカレー
食事「レッドカレー鍋の素」をいただいた。
タイカレーの濃縮スープで、 "ココナッツミルクに赤唐辛子が効いた、突きぬける辛さ”との説明書き。
夏野菜をた〜っぷり入れて、ヘルシータイカレーを作りました。
久しぶりに爽やかな辛さを堪能です。(@^∇^@) わぁ〜い!

<材料>
レッドカレー鍋の素、豚もも肉 200g、酢 50cc
玉ねぎ、人参、しめじ、ゴーヤ、なす、ししとう、オクラ、四角豆、にんにく

カレーの材料
 夏野菜がた〜っぷりです!
中華鍋で炒め、煮込みます
 中華鍋を使い、炒めて、煮込む
野菜たっぷり!
 カレーの素を加え、少し煮込んで完成です
黒米入り玄米ご飯に合います!
 黒米入り玄米ご飯によく合います!
| Key | 「季節」を味わう |comments(0) | trackbacks(0) |
新生姜の梅酢漬
「新生姜」のシーズンです!
 「新生姜」も、漬けておくと重宝します!
汚れている箇所だけを剥いて、2〜3cmにカット
 洗って、汚れを落とし、2〜3cmにカット
一日足らずで食べ頃に・・・
 1〜2日で食べ頃に・・・

食事 漬物というほど漬けてはいない。洗って、適当な大きさにカットした「新生姜」をポリ袋に入れ、梅酢を注ぎ入れ、冷蔵庫で一日寝かせただけ。
 ほんのりと桜色に染まって・・・ もう食べ頃です。

  <材料> 新生姜、梅酢(塩分濃度 17℃)
| Key | 「季節」を味わう |comments(0) | trackbacks(0) |
ラッキョウの醤油漬
下ごしらえの済んだラッキョウ
 下拵え済みの「ラッキョウ」
ラッキョウの「醤油(しょうゆ)漬」です!
 「醤油漬」は簡単で、失敗も少ない!

ビール 塩漬け、梅酢漬けに次いで「醤油漬」。らっきょう(辣韮)の漬け方では、これが一番、手間がかからず、失敗のない漬け方かもしれない。しかも、漬け汁の醤油、酢、味醂は好みでアレンジできる。ただ塩分濃度が低いので、あまり長期の保存には向かない。

<材料>
 ラッキョウ(下拵え後) 600g
 漬け汁 400cc(醤油 200cc + 酢 150cc + 本味醂 50cc)

<作り方>
 1.保存容器を煮沸消毒し、乾燥させる
 2.下拵えをすませたラッキョウを容器に入れる
 3.漬け汁を鍋で煮立て、上からゆっくり注ぐ
 4.冷めたら、フタをして冷暗所で保存
 5.好みにも寄るが、1週間ほどで食べられる
| Key | 「季節」を味わう |comments(2) | trackbacks(0) |
筍と蕨の煮物
筍と蕨の煮物
 

ビール 桜が終わるこの頃、この地方の筍(たけのこ)は旬を迎える。実家から大量の筍(たけのこ)が届き、ご近所から蕨(わらび)をいただいた。
それぞれアクを抜き、濃い目のだしを取り、煮合わせる。子供の頃から変わらない、この季節の味わいである。
| Key | 「季節」を味わう |comments(2) | trackbacks(0) |
山葵の花、食す
「山葵(わさび)」の花
 「山葵(わさび)」の花
山葵の花のお浸し
 ツーンとくる「山葵」の香りと辛みを味わう

ビール スーパーで「山葵(わさび)の花」をみつけた。この時期だけの楽しみである。
山葵のすっきりとした辛みとシャキシャキとした食感。ビール、焼酎にも、温かいご飯にも合う。

<材料> 山葵の花、熱湯、醤油、かつお節
<作り方>
 1.わさびの茎を1cmほどに刻む
 2.それをボールに入れ、上から熱湯をかける
 3.すぐにザルで湯切りし、保存容器に移す
 4.醤油、鰹節を振りかけ、フタをしてしばし置く
 5.わさび特有の風味と辛味が出てくれば、食べ頃
| Key | 「季節」を味わう |comments(6) | trackbacks(0) |
山菜おこわ
具は竹の子、ワラビです「緑米」を使って山菜おこわを炊く
 竹の子、ワラビ、人参、・・・ / 山菜おこわ

食事 筍(たけのこ)と蕨(わらび)が出回るこの時期には、やはり「山菜おこわ」を炊く。筍とワラビを主材料に、彩りに人参を少し加える。
『農園さくら』さんの「緑米(もち米)」を使って炊く「山菜おこわ」は、お米の風味が加味され、いつも美味しく炊き上がる。
| Key | 「季節」を味わう |comments(0) | trackbacks(0) |


我が家のパン焼器はこれよん♪絶対お勧め。

南部鉄器鉄鍋 『 パン焼き器 』 岩鋳 日本製




● 面白くて良質な商品を紹介 ●
● SNS・ブログの設置もやってくれます ●
● 安い・簡単レンタルサーバー ●
200MBから1GB(1024MB)に容量がアップされました。

このページの先頭へ