日々是好日

<< 春の雪 | main | ゴーヤ、水に浸す >>
TPPって、何?
読書 今回の東京ネタの〆は「TPP」です。
「TPP」とは、環太平洋戦略的経済連携協定(Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement)の略。


 「TPP 何が問題? 暮しはどう変わる?
 当たり前に生きたい、ムラでも、マチでも」


実は「オーガニックショー」の会場で、「TPP 何が問題? 暮しはどう変わる?」という小冊子を見つけ、少々気になっていたので、1冊100円のその小冊子を買ってきた。そして「TPP」について少し勉強しようと思って読み始めたのですが、そこに書かれている内容はかなり衝撃的でした。

「TPP」に参加することによる国内への影響は、農業に関することと思っていたが、とんでもない。貿易のみならず、投資、金融、労働力の移動、知的所有権など広範な分野で規制緩和・民営化を進めようというものなのです。しかも「TPP」での取り決めが、国内法に優先すると書かれている。

「TPP」に参加するかどうかは、参加した場合に起こりうる影響を、あらゆる分野で検証し、皆で大いに議論すべき大きな問題なんです。
現時点では、その程度のことしか言えません。「TPP」について、皆で勉強しましょう〜☆

参考サイト:「TPPに反対する人々の運動」
http://www.geocities.jp/yaoyahyakusho/muramachi/home.html
| Key | 私のこだわり |comments(4) | trackbacks(0) |
私がTPPの話を聞いたときには、多国間投資協定の事が頭に浮かんでしてしまったのですけれど、輸出産業と農業のどちらが云々とか、日本の自給率と農業を護れ!とばかり言っていると、肝心なところを見落として相手の思うつぼ、みたいに感じたりもします。
TPPに合わせて国内法も整備されてしまったら、国内の経済活動も自由になって、自治体や学校とかの調達も地域の業者からとか、地域の食材を給食にとか、出来なくなってしまうんでしょうかねぇ。そこまでは考えすぎですか。
| かれい♂ | 2011/03/09 1:51 PM |
かれい♂さん、今晩は〜♪
ここでは、お初でしょうか・・・ \(^_^=^_^)/ ヨロシク〜♪

>輸出産業と農業のどちらが云々
>日本の自給率と農業を護れ!

こういう風に捉えると、かなり片手落ちのようです。
もちろん、TPPの詳細は、参加を表明した国々の間でもまだ論議中ですが、基本的にはあらゆる障壁を除いて、お互いにビジネスチャンスを広げていくということです。
医療も、教育も、行政もです。

しかも交渉で、各国と渡り合って、自国民の利益を守っていく気概と実力のある指導者の有無も大きく関係してきます。が、その点でも日本は危機的です。

まだまだ全体像が掴めません。もう少し勉強せねばと思っています。ぺこ <(_ _)>
| key | 2011/03/09 10:29 PM |
西欧の投資家 ず〜っと昔から日本の金融を牛耳りたかったんよね
ちょっと前では、小泉のじいさんに郵政を民営化させて預金を牛耳ろうと企んだし・・ 小泉のじいさん 改革じゃ改革じゃってアメリカさんの提言通りに事を進めただけ・・ あやつどっちか言うと売国奴 結果は、どもならんかったもたいじゃけどね
しかし敵も、あの手この手と色々考えるもんじゃね また目先の欲で動く輩が・・ 日経連とか言うノン 
| なまず++ | 2011/03/15 6:08 PM |
なまずのおったん、おばんで〜す♪

>小泉のじいさん
あの狐目、大嫌いです!
マスコミ操作がうまかったのか、マスコミが愚かだったのか・・・  何より、私と同世代の女性の支持が大きかったことに、いつも忸怩たる思いをしていました。

この大災害で、TPPはどうなるのでしょうか・・・
| key | 2011/03/20 10:41 PM |









http://keyblog.bimarts.upper.jp/trackback/1054673


我が家のパン焼器はこれよん♪絶対お勧め。

南部鉄器鉄鍋 『 パン焼き器 』 岩鋳 日本製




● 面白くて良質な商品を紹介 ●
● SNS・ブログの設置もやってくれます ●
● 安い・簡単レンタルサーバー ●
200MBから1GB(1024MB)に容量がアップされました。

このページの先頭へ