日々是好日

<< 夕暮れの「安富桜」 | main | 塩こうじ、初仕込み >>
桜吹雪、勇造LIVE

リハーサル中の勇造さん 飯田「ふぉの」2012.4.20

拍手 晴れだった予報が、前日に「曇り時々雨」に変わっていた。何故かここ飯田に勇造さんは雨と共に現れる。
とはいえ、今日は二十四節気の穀雨(こくう)と知り、雨はやむなしと納得。やわらかな春の恵みの雨の中をライブハウス「ふぉの」に向かう。

開演は7時半だが、7時前には人が集まり始める。
このライブで久しぶりに顔を合わせる人たちも多く、挨拶や近況報告をし合う人たちの楽しげな会話が飛び交う。

新曲「小さな町のライブハウス」でライブはスタート。
いちだんと冴えたギターの音と満を持した勇造さんの歌声が“小さな町のライブハウス”に響き渡る。
スタートダッシュの3つの新曲には、勇造さんの今の思いが凝縮されているのか。それぞれが、それぞれのスタンスでその思いを感じ取る。スタートから真剣勝負のようなノリです!

当夜のセットリストです。

1.小さな町のライブハウス
2.Iさんの思い出
3.小川先生
4.旅の歌うたい
5.長崎帰り
6.夜よ光れ
7.大文字

1.雲遊天下
2.帰郷
3.好きなもの
4.メルトダウン
5.ザ・パラドックス・オブ・アワーエイジ
6.虹の歌
7.満月

アンコール
1.花の都ペシャワール
2.桜吹雪

昨夜のライブは、「こんな時だから聞いてもらいたい歌がある。歌いたい歌がある」と、そんな思いそのままのライブだった昨年と比して、人とのつながりの大切さ、今生きていることの尊さ、或いは今の社会へのアンチテーゼなど等、じわじわと心に染みるライブでした。

全力投球で投げ出される勇造さんの思いをキャッチすべく、聞き惚れつつも、どこか緊張感のある充実した時を堪能しました。 ヾヾ(^−^) ありがとぉ〜♪

<PS>
一夜明け、かの「かみかみ堂」には、パンを買うという口実の下、昨夜の興奮冷めやらぬ面々が三々五々に立ち寄る。
「良かったネ!」「いいライブだったね」「もっともっと聞きたかったね」など等。
「これでまた一年、ガンバれる」とおっしゃっる方も。
勇造さんの歌の力を改めて痛感いたしました。
| Key | 豊田勇造&LIVE |comments(0) | trackbacks(1) |









http://keyblog.bimarts.upper.jp/trackback/1054726
恒例の春ライブ2012
寒暖の差が妙に激しい今季、私の住む飯田市の桜もその開花がかなり遅れ気味となった。それでも4月の半ばに差し掛かるころには、見事な花を枝いっぱいに付け始めた。例年ならばその種によってかなりのばらつきがあった開花だが、低温が続いていたせいもあるのか、気温が
| 盆地に吹く風 | 2012/04/24 3:39 PM |


我が家のパン焼器はこれよん♪絶対お勧め。

南部鉄器鉄鍋 『 パン焼き器 』 岩鋳 日本製




● 面白くて良質な商品を紹介 ●
● SNS・ブログの設置もやってくれます ●
● 安い・簡単レンタルサーバー ●
200MBから1GB(1024MB)に容量がアップされました。

このページの先頭へ