日々是好日

<< 苗、育つ | main | 「この海の向こうに」 >>
緑米で草餅
食事 『農園さくら』さんの緑米(古代米の一種)を使い、草餅を搗く。蓬(よもぎ)は2週間ほど前に摘み、塩茹でして冷凍庫で保存しておいた。
緑米は栽培が難しく、収量も少ない貴重なお米なのですが、それで搗いたお餅は“絶品”です。


 ヨモギは、ちゃんと摘んできました!

 3分搗きなので、少し緑色が残ってます。

  搗くのは、餅つき機です!

  のし板に取り、熨します!

  カットして、草餅のできあがり!
| Key | 「餅つきcooker」を使う |comments(4) | trackbacks(0) |
草餅、美味しそうです。そちらは角餅圏なんですね。こちらは丸餅です。境目は岐阜と長野の間の日本アルプスでしょうか。

面白いですね。
| frozenrose | 2012/06/06 2:37 AM |
frozenroseさん、今晩は。

そうなんです。こちらは角餅圏。
搗いたお餅をのして、四角くカットします。

初めて小さな丸餅を見たときは驚きました。
ひとつひとつ丸めるのはたいへんだろうな・・・と思いました。(^▽^笑)

境目は何処なんでしょうね。
ここ飯田は、西と東の文化が混じってます。
| key | 2012/06/08 10:48 PM |
臼から出した餅の塊を少し冷まし、祖母が右手で一個分つまんでちぎり、餅粉を敷いた大きな板の上にポンポンと投げます。
それを家族総出で丸めました。

学習雑誌の挿絵で角餅を見たときは、手でどうやって四角にできるのかと不思議でしたが、ある程度硬くなってから切ると知って納得。

姑様は鹿児島出身、鹿児島は西日本で唯一角餅だそうで、四角な餅入りの雑煮に新婚時代は目をぱちくりしました。

餅はもともと丸いものだけど、江戸の人口が急増した時に角餅が普及したというけれど、文化の古層は簡単には説明できないものかもしれませんね。

餅つき機でいつでも手軽に搗き立てが食べられるいい時代になりました。

長文、すみません。
| frozenrose | 2012/06/16 5:30 PM |
frozenroseさん、今晩は〜♪

楽しい書き込み、ありがとうございます。
とても楽しく、読ませていただきました〜!!

今夜もお餅を搗きました。
本当に便利な時代になりました。
が、家族総出の大イベントだった、うすと杵でのお餅つきを懐かしく思い出します。
| key | 2012/06/17 8:57 PM |









http://keyblog.bimarts.upper.jp/trackback/1054731


我が家のパン焼器はこれよん♪絶対お勧め。

南部鉄器鉄鍋 『 パン焼き器 』 岩鋳 日本製




● 面白くて良質な商品を紹介 ●
● SNS・ブログの設置もやってくれます ●
● 安い・簡単レンタルサーバー ●
200MBから1GB(1024MB)に容量がアップされました。

このページの先頭へ