日々是好日

<< 大根の“桜”漬け | main | 「三つ葉」のお浸し >>
「筍」の下拵え
茹でる準備そのまま、冷ます下拵え、完了
  隠し包丁を入れる / そのまま、冷ます / 下拵え、完了

 <材料> 筍(タケノコ)、米糠(コメヌカ)
 <手順>
  1.まず付いている土を洗い流し、先端を斜めに切り落とす
  2.火の通りを良くするために、隠し包丁を一本入れる
  3.鍋にタケノコと米ヌカ、たっぷりの水を入れ火にかける
  4.タケノコの大きさに寄って、30分〜1時間弱火で茹でる
  5.柔らかくなったら火を止め、そのまま冷ます
  6.皮をむき、米ヌカを洗い流して、完了

おはな 「筍」を頂いた。時間が経つとエグミが増すそうなので、早々に下拵えをした。今回は米糠を使ったが、掘ったばかりなら米糠は不要だそうだ。
 又、味噌汁に入れる場合は下茹ではしない。味噌がエグミを抑えてくれるのだろうか、子供の頃わが家ではそうしていた。
| Key | 「季節」を味わう |comments(0) | - |











我が家のパン焼器はこれよん♪絶対お勧め。

南部鉄器鉄鍋 『 パン焼き器 』 岩鋳 日本製




● 面白くて良質な商品を紹介 ●
● SNS・ブログの設置もやってくれます ●
● 安い・簡単レンタルサーバー ●
200MBから1GB(1024MB)に容量がアップされました。

このページの先頭へ