日々是好日

ピーナッツバター、試作
生の「落花生」、水洗い殻から実を取り出すフライパンでこんがりと煎る
土を洗い落とす → 殻から実を取り出す → フライパンで煎る
ミルで挽いて、すり鉢へバターと洗双糖を加え、よく摺る固めの「ピーナッツバター」のできあがり!
ミルで細かく挽く → 擂鉢で摺る → バターと洗双糖を加える

パン 「ピーナッツバター」作りに初挑戦。とろっ〜としたものを想像していたのですが、できあがったのはかなり固め。でも新鮮な「落花生」を使ったので、風味は最高でした!
仕上がりが固いのは、フライパンで煎る時間が長すぎたことと、摺り不足が原因ではないかと思われます。

<材 料> 
 落花生 約100g(煎って、挽いて粉にした状態)
 よつばバター 約30g、洗双糖 大さじ3、岩塩 少々
  ※計量はかなり適当です。参考にはしないで下さい

<作り方>
 1.土を洗い流し、殻から実を取り出す
 2.フライパンでこんがりと煎る
 3.ミルで粉にし、すり鉢に入れ、よく摺る
 4.洗双糖とバター、一つまみの岩塩を加える
 5.すべての材料がよく馴染むまで摺って、完了!
| Key | お豆、いろいろ |comments(4) | trackbacks(0) |
生の「落花生」
箱いっぱいの生の「落花生」
 鮮度バリバリ、収穫したての生の「落花生」

びっくり 南の地に暮らすゴーヤの師匠から、ゴーヤならぬ箱い〜っぱいの「落花生」が届きました。\(^^\)アリガト〜♪
アメリカ系の“ジェンキンス”という種類だそうで、一般的な落花生の3〜4倍はあるジャンボ落花生です。

<塩茹で>
 1.土をきれいに洗い落とし、ザルで水切り
 2.圧力鍋に海水程度の塩水を入れ、落花生も投入
 3.低圧で20分程加圧、そのまま20分ほど蒸らす
 4.ザルに上げて、湯切り。完成です!

茹でたての熱々の「落花生」はホコホコした食感でとても美味しい! 次回は「ピーナッツバター」に挑戦します!
| Key | お豆、いろいろ |comments(0) | trackbacks(0) |
「ひよこ豆」に蕾?
葉っぱの付け根につぼみのようなものが見えます!
 ポツンと蕾らしきものが・・・ 23日早朝撮影

植物 葉っぱの付け根に蕾らしきものが出てきました。色は少し黄色っぽい。果たしてこれは蕾?
| Key | お豆、いろいろ |comments(7) | trackbacks(0) |
「ひよこ豆」成長中!
ただ今、成長中の「ひよこ豆」
  成長中の「ひよこ豆」です!

植物 カレーに入れたり、つぶしてコロッケにしたり・・・と、わが家では大活躍の「ひよこ豆」。食用の「ひよこ豆」を少しだけ蒔いてみました。
発芽率100%。小鳥に食べられることもなくスクスクと成長しています。ただ蒔く時期が遅かったので、花が咲く前に霜が降りてしまいそうです。(T_T) ウルウル
| Key | お豆、いろいろ |comments(0) | trackbacks(0) |
「グリンピース」
サヤから取り出した新鮮な「グリンピース」今年も「グリンピースおこわ」を炊く
 新鮮な生のグリンピース / 炊き上がったおこわ

食事 今年も『あとり農園』さんに収穫したての「グリンピース」を分けていただいた。生の「グリンピース」はおいしい。冷凍や缶詰にはない食感と旨み、甘みがある。
 サヤから取り出した「グリンピース」をサッと洗い、もち米の上に乗せ低圧で2分間加圧。もっちり、ホコホコのおこわです。

 <材料> 緑米(古代米)、グリンピース、昆布、岩塩
| Key | お豆、いろいろ |comments(0) | trackbacks(0) |
わが家の主食(7)
北海道産の小豆(あずき)と玄米小豆(あずき)入りの玄米ご飯
 北海道産の小豆と玄米 / 小豆入り玄米ご飯

食事 玄米に小豆(あずき)を入れて炊く。ピンクに淡く染まり、小豆はホクホクとした食感を保ち、玄米とよく馴染む。
 <材 料> 玄米 4合、小豆 80g、水 約900cc
 
「小豆」は良質のたん白質を含んでいるほか、リノール酸やリノレン酸、ビ タミンE、B1、B2、B6、ナイアシン、アミノ 酸、ミネラル類、カルシウム、リン、カリウム、マグネシウム、鉄など現代人に不足しがちな栄養素を豊富にバランス良く含んでいるという。
| Key | お豆、いろいろ |comments(0) | trackbacks(0) |
わが家の主食(6)
十六ささげ(じゅうろくささげ)と玄米玄米ご飯に炊き込む
 玄米と「十六ささげ」  /  ほんのり桜色に・・・

<材 料>
 玄米 4合、十六ささげ 80g、水 約900cc

食事 「十六(じゅうろく)ささげ」、名前は聞いたことがあるが豆を初めて手にした。「小豆(あずき)」より少し大きく、形は「金時豆」とほぼ同じ。玄米と一緒に炊くと、ご飯がほんのりと桜色に染まった。
| Key | お豆、いろいろ |comments(2) | trackbacks(0) |
わが家の主食(5)
玄米(妖精の米)と青大豆「青大豆」入りの玄米ご飯
 「青大豆」と玄米 / 「青大豆入り、玄米ご飯」

<材 料>
 玄米(妖精の米)4合、水 800cc、青大豆 100g、水 200cc

食事 珍しい「青大豆(あおだいず)」を頂いた。普通の大豆より脂肪分が少なく甘みが強いそうだ。
この色を生かして「浸し豆(ひたしまめ)」にするのが一般的だが、「青大豆ご飯」もおいしいというので、玄米と一緒に炊いてみました。ホコホコとした食感で、甘みが強く美味。
| Key | お豆、いろいろ |comments(0) | trackbacks(0) |
「白ささげ豆」煮る
『農園さくら』さんの「白いんげん豆」つぶしながら、煮詰める「白あん」の出来上がりです!
 「白ささげ豆」 / つぶしながら煮詰める / 「白あん」完成!

パン 「白ささげ豆」をひと晩水に浸けておいた。煮豆にしようと圧力鍋に入れて中圧で1分、洗双糖を加えて低圧で1分加圧しただけなのに煮崩れてしまった。仕方がないので、そのまま煮詰めて「白あん」にしました。(^.^) オホホホ

<材 料> 
 白ささげ豆 200g、水 300cc、洗双糖 100g、岩塩 小1
| Key | お豆、いろいろ |comments(0) | trackbacks(0) |
むかご入五目おこわ
ゴンゴロさんが送って下さった「むかご」手間ひまかけて採取された「むかご」鶏肉、生しいたけ、人参は粗みじんにカット
貴重な自然薯(じねんじょ)の「むかご」/ 鶏肉・人参・生椎茸も
最後に「むかご」をのせて、圧をかけるむかご入り「五目おこわ」の完成です
最後に「むかご」をのせ加圧 / むかご入り「五目おこわ」

食事 ゴンゴロさんが送って下さった貴重な自然薯(じねんじょ)の「むかご」を入れて、炊きおこわを作った。
 炊く際、火が強すぎて鍋の底が少し焦げたが、炊き上がった「むかご」はホクホクと豆のような食感でとてもおいしかった。

<材 料>
 緑米(もち米) 3合、昆布 1枚、水 600cc
 (A) 鶏肉・生椎茸・人参 だし汁、本醸造醤油
 (A)の煮汁 350cc、岩塩 少々、むかご 150g

<下準備>
 もち米を洗って、昆布を入れた水(600cc)に、ひと晩浸ける

<作り方>
 1.もち米をザルに上げて、水を切る
 2.(A)を煮て、粗熱を取り、ザルで煮汁を切る
 3.圧力鍋にもち米、(A)とその煮汁を入れ、低圧で5分加圧
 5.加圧が終了したら、そのまま10分程度蒸らす
 6.蒸らし終わったら、さっくりと混ぜる
| Key | お豆、いろいろ |comments(2) | trackbacks(0) |


我が家のパン焼器はこれよん♪絶対お勧め。

南部鉄器鉄鍋 『 パン焼き器 』 岩鋳 日本製




● 面白くて良質な商品を紹介 ●
● SNS・ブログの設置もやってくれます ●
● 安い・簡単レンタルサーバー ●
200MBから1GB(1024MB)に容量がアップされました。

このページの先頭へ